俺のタクシー運転手物語 » 湿布について

湿布について

腰痛の治療用として使われる外用薬でも代表的なのが、湿布薬です。湿布を大きく分類すると冷やすものと温めるもの、になりますが、腰痛の症状によってどちらを適用すべきかが決まってきます。

腰痛の急性期の場合、例えばぶつけてしまったり、急な動作による痛みの場合は、一般に冷やす方法が多く用いられます。これは、冷やすことでその部位の温度が上昇反応することが狙いです。

つまり、温度が上昇して血行が良くなることが考えられます。しかし、長時間の冷やしすぎによって血液が流れなくなる場合が充分に考えられますので、30分程度冷やしたら湿布をとり、経過を見てまた貼るなどの調整が必要です。

特に氷を入れた袋を長時間あてたりする場合や、アイスノンなどを用いるのは不必要に冷やしがちです。これとは逆に慢性の腰痛には温めることが効果を発揮します。

温めることで冷えて硬くなった患部の血行を高めることが狙いですが、出来るだけ温める効果を上げて例えば汗などをかくようにすると効果も上がります。また患部ばかりでなく全身の血行を良くするために体操などをするのも良い方法です。

冷やす方法、また温める方法のどちらにおいても、腰痛が増すようなことがあったら、まず湿布を止めて医師に相談することが大切です。冷やしたほうがよかったものを温めてしまったり、また逆も考えられますし、温度変化がよくないという場合も充分に考えられます。

腰痛の湿布薬にも様々です。市販のもので安価なもの、そして病院で処方される腰痛の症状にあったものなど、効能の差も激しいため、出来るだけ使用する前に効果について確認できることを確認すべきです。

出来れば病院で用意されたものを使用するのがベストですが、捻挫などを経験した時に効果があったものを流用するという程度であれば問題ないと思います。

腰痛ばかりでなく肩凝りなどにも使用するなど、広範囲に湿布を常用すると健康にはあまり良くありません。また肌のかぶれなどにも注意しなければなりません。