俺のタクシー運転手物語 » 手術療法について

手術療法について

腰椎椎間板ヘルニアの治療法として、手術は常に最後の手段と考えることができますが、手術を必要とする患者さんと、そうでない患者さんとの違いとは何か、といえば、一般には重度の腰椎椎間板ヘルニア症状に至って、自然治癒が無理と考えられる場合は手術が必要で、そうでない場合は保存療法でも改善できる、と考えられているようです。

また、多くの医師は、手術をしなくても大丈夫な場合は多いと考えているようです。もちろんしたほうがいいと思われる患者さんも少なくはないようですが、どちらかといえば、保存療法で痛みを軽減させていったほうが、復帰後の経過はより思わしい方向へと進みがちだとも言われています。

侵襲性の低い方法を用いた場合でも、数年後には椎体が変性を持ったり、傷口が瘢痕化したり、硬くなる、というような例は多くあるようです。

この場合、正しい処置がきちんと行われていたかどうかも問われますが、保存療法よりもその処置の仕方には難しい部分が多いと言えます。

腰椎椎間板ヘルニアと診断を受けたら、まず医師によく相談をして、色々な可能性を試すことを心がけることも大切です。

日常生活の不摂生や無理をすることによって体全体のバランスが悪くなってくることで起こるのが腰椎椎間板ヘルニアです。

体全体のバランスの悪さによって、椎間板の線維輪に負担がかかる原因は明らかではありませんが、治療の際は体全体のバランスを整えていくように勤めることが不可欠です。そのことで、最終的に負担がかかってしまった線維輪の負担を取り除くようにする、というのが治療において大切な考え方です。

予後が良好でも数年経過して調子が悪くなるという方は多くいらっしゃいますが、そのときから治療法を見直していくことも遅くはありません。

発症の痛みや慢性期の長い治療、そしてそれらから得た経験を生かせば、よりよい治療法が見つかる場合も多いと思います。

椎間板ヘルニアを手術せずにストレッチで治す方法をご紹介