俺のタクシー運転手物語 » 名称の違い

名称の違い

さて、あなたが捻挫したとしましょう。その場合に、治療を受ける選択肢としては、「接骨院」、「整骨院」、「整体院」、などが挙がるかと思います。

極論を言えば、家から近いなどの理由から選んでもいいのでしょうが、あえてこの中からどれかを選ぶとなると、これらの違いが気になってきますよね。「接骨院」と似たような名前のこれらには、どのような違いがあるのでしょうか。

さてその「接骨院」についてですが、実は整骨院とまったく同じものと言って差し支えありません。二つの名前から連想すると、接骨院は「骨をくっつける」、整骨院は「骨を整える」と、少々強引ですが読めますよね。

これらのイメージ通りとするのであれば、骨を折ってしまった場合には接骨院、捻挫や腰痛の場合には整骨院、という風な使い分けになるでしょうか。しかし、結論から述べますと、実は「接骨院」との違いはほとんどありません。

というより、実はこの「接骨院」という名称は正式なものではありません。どちらも俗称で、法律に基づく正式名称ではないのです。

法律に基づく正式名称は「柔道整復師施術所」です。これは、施術所の名称に関して、「柔道整復師法」と呼ばれる法律で、広告の規制を受けているためであって、この規制に対応するために、「接骨院」などという名称が使用されているのです。

また、接骨院で治療にあたっている人間も、「柔道整復師」という国家資格を持っています。というよりも、「柔道整復師施術所」の開設には、柔道整復師の資格が必要となるので、当たり前といえば当たり前ですけどね。

つまりは、「接骨院」と「整骨院」は名称に違いはあれど、行われている治療の範囲はほぼ同じなのです。強いて言えば、それぞれを運営している柔道整復師の治療の方針や考え方によっては、施術の方法がある程度異なっている可能性はあります。