俺のタクシー運転手物語 » 資格について

資格について

フットケアサロンやエステサロン等で活躍する足のスペシャリストの職が注目されています。足のむくみや冷え、外反母趾、タコやうおのめ、巻き爪、偏平足等様々な症状に適切に対応することができるプロです。

硬くなった角質を除去したり巻き爪の治療などを行って、足を健康な状態にする仕事です。フットケアの資格には、前述のような症例への適切な対処方法を修得するとともに、人体全般に関しての知識やリラクゼーションについての知識等も必要です。

極めれば人に喜んでもらえるやりがいのある仕事であり、かつ肉体的にはハードな仕事です。前述のようなエステ的なフットケアとは別に、医療行為としてのフットケア分野もあります。

病気に伴うフットケアは医療行為になり、専門の知識を持つ医師や看護婦が行わなければなりません。例えば爪に異常があったり足の皮膚に炎症がある場合、糖尿病により足の専門的なケアが必要になったような場合が多くあります。

世界的に見ればフットケアの専門機関や病院内にフットケア専門チームがあり、糖尿病患者や高齢者の足病変の予防と治療に役立っていますが、日本では最近になってようやく医療としてのフットケアに関心が高まりつつあります。

医療行為としてのフットケアの資格を取るための最短の方法としては、日本フットケア学会への入会やフットケアの通信教育があります。

現在日本での啓蒙活動、普及に力を入れており、フットケアのプロフェッショナルである、フットケア指導士の認定をしています。入会して単位を積み重ねながら、フットケアに関する専門知識と技術を身につけることができます。

受講資格としては、まずは学会に入会することが前提です、さらに医師や看護師、准看護師や理学療法士、臨床工学士や介護福祉士といったいずれかの国家資格を持っていること、それぞれに関して3年以上の実務経験も必要になります。

フットケアに関する指導的立場のスタッフとして、幅広い現場で活躍する人材が数多く求められています。