俺のタクシー運転手物語 » 予防歯科について

予防歯科について

歯の健康のためために行われるのが、予防歯科の治療です。虫歯は、治療をした後でもそのまま放置してしまえば、かならず虫歯になってしまうものです。

もちろんブラッシングや口腔のうがいなどを怠らなければ問題ない場合は多くありますが、歯の治療内容そのものが原因となる可能性も否めません。

詰め物をした場合でも、噛みかたが変化したり、メンテナンスが悪いと5年程度で劣化することもよくあります。

歯を守るためには、虫歯になってからの治療では遅いと云えます。つまり虫歯にならないようにするための予防歯科を受信することが必要です。

予防歯科では、虫歯以外でも歯周病や歯槽膿漏や歯肉炎など、ほとんどの口の病気を予防し健康を維持することができます。

歯は、酸によって歯が溶ける脱灰という動きと再石灰化が繰り返され、または同時に発生していますが、この量のバランスが正常であれば歯は健康のまま維持することができます。

しかし、脱灰のほうが多くなってくると歯のカルシウムなどが破壊されて、はやいスピードで歯が溶けてきてしまいます。口の中は人によって千差万別です。口腔には様々な条件があります。

虫歯にほとんどならないという方もあれば、ちょっと甘いものを食べただけですぐに虫歯になってしまうという方もいらっしゃいます。

予防歯科では、カリエスリスク検査という検査を行い、人それぞれの口腔の状態を精密に検査します。そして虫歯になる傾向を分析して、色々な角度から予防法を見出し、歯の健康に関するアドバイスを受けることができます。

虫歯になってしまったという場合でも、初期段階であれば、削ることはありません。この段階でも予防手段と同じ、リカルデントやキシリトールなどを用いたり、唾液の分泌をよくするような治療も行います。

しかし、2段階以上のレベルになると歯を削ることが必須です。また治療が終わってから予防歯科を受診することで、虫歯にかかったことが無い方と同様の健康効果を得ることができます。