俺のタクシー運転手物語 » 手術について

手術について

腰部脊柱管狭窄症で強い神経障害などがあり、保存療法では回復が難しいと診断された場合には、手術による、腰部脊柱管狭窄症の治療が検討されることになります。通常、馬尾に障害が見受けられる腰部脊柱管狭窄症の場合ですと、奨められるケースが多いようです。

また、様々な保存療法を続けてみても、残念ながら思うような効果が得られない場合…たとえば、短い距離しか歩けないままであるなど、日常生活に大きな支障をきたしている場合も、やはり手術治療を考えることになります。

腰部脊柱管狭窄症の手術は、脊柱管を広げ神経への圧迫を取り除く「除圧」を目的に行うものです。方法は、「開窓術」「椎弓切除術」などがあります。

痛みがどんな範囲で起きているか、どのように神経が圧迫されているか、症状はどのくらいの程度かなどの原因に基づいて、方法が決定されます。

腰部脊柱管狭窄症の除圧部位によっては「固定術」という方法を併用することもあります。これらの診断法は、ケース・バイ・ケースで異なる難しいものでもあるため、出来れば脊椎を専門とする整形外科医にかかる方が良いでしょう。

しかし、残念なことに腰部脊柱管狭窄症の手術をした、95%以上の方が痛みを再発してしまっている事実があります。何故、そのようなことが起きるかというと、手術では治すことが出来ない、はっきりとした原因があるのです。

その原因をはっきりと解明し、腰部脊柱管狭窄症で苦しむ大勢の患者を治してきたのが、中川式腰痛治療法です。この治療法を開発した、中川卓爾先生は、阪神タイガースのトレーニングコーチ、日本女子プロゴルフのトレーナーも務め、スポーツ界でも名をとどろかせている、名医です。

ぜひ、腰部脊柱管狭窄症でお悩みならば一度、中川式腰痛治療法を試めされることを強くお薦めしたいと思います。