俺のタクシー運転手物語 » 整体で改善する

整体で改善する

五十肩といえば整形外科での治療が最も一般的ですが、肩の病気ですから、やはり整体や鍼灸なども効果があります。またどの方法を取るのであっても基本的には、五十肩は慢性期からの治療が適しています。

整形外科でも鍼灸でも、急性期の安静は必須の治療法です。肩関節に炎症がおこっている状態ですから、安静やアイシング以外のいかなる治療をしたとしても、その結果は悪化を辿るだけ、と言うことになります。また、整体を受ける場合は、まず経験が多い施術者を選ぶことが大切です。

痛くない、徐々にやさしく施術してくれる、という経験者の方も多くいらっしゃいますが、五十肩の知識が乏しい場合、慢性期の痛みがなかなか回復せず、またリハビリもいつまで経ってもできない、これでは整形外科のほうがまだましだ、などと苦情を言われる方も少なくありません。

整体では、五十肩に対する様々なアプローチの方法を用います。その中の1つに、PNFと呼ばれるものがあります。

PNFと聞くとストレッチの方法では、と思い出される方は多いと思いますが、あのように痛みが起こる方法ではありません。身体に全く負担をかけずに治療を受けることができます。

また整形外科と同様に問診から行います。次には身体の様々な骨のゆがみの度合いをチェックしたり、筋肉の状態をチェックして施術の方針を決定します。ゆがみがあるのがわかれば、そのことについてまず患者に丁寧に説明します。

首に歪みがあれば無痛整体を施し、背骨の調整が必要であればやさしくほぐしていきます。この方法のよさは、その効果が徐々にではあれ、常に施術のたびに実感できることだ、と多くの方がおっしゃいます。

またその効果に応じて計画を積み上げていきますので、正直に効果を口に出すことも大切です。腕の上がる角度がどのように変化したか、また筋肉の疲労度や緊張度の変化などを測定し、患者とのコミュニケーションを大切に治療を進めていきます。