俺のタクシー運転手物語 » 硬膜外の注意点

硬膜外の注意点

腰痛や坐骨神経痛などの症状が確認でき、その原因が明らかであるが、消炎鎮痛剤などの薬物を使用した治療や、リハビリなどの運動療法を行っても中々症状の改善が見られなく、強い痛みが継続的に続いている場合に、神経ブロック注射のような治療法が適用される場合があります。

神経ブロック注射の中で良く用いられるものに硬膜外ブロック注射があります。これは脊髄を覆っている一番外側に硬膜という部位があるのですが、その外側の空間へ局所麻酔薬などの薬剤を注入し、痛みの強い部分の神経を麻痺させることで神経の興奮状態を治め、痛みを和らげることが出来ます。

またその鎮痛効果もそうですが、ブロック注射には痛みを和らげることで、痛みによって生じていた筋肉や血管の緊張状態を改善し、血行を良くし、身体本来の回復機能の効率を高める作用も期待します。

このブロック注射には治療を施す部位により腰椎硬膜外ブロック注射と仙骨硬膜外ブロック注射の2種類がありますので、医師と症状などを加味したうえでどちらを適用するか決めることになります。

ただし、硬膜外ブロック注射を行う上で気を付けなければならない点があります。具体例として腰痛のブロック注射の場合ですが、この治療は背中より処置を行います。

背中に感染や炎症があるような方や、脊椎の変形が強い状態の方、脊椎に手術経験のある方、そして血液をサラサラにするために血液を固まりにくくするような薬剤を使用している方や傷口の出血が止まりにくい方にはそう簡単にこの治療を施すことが出来ません。

大事に至るのを防ぐためにもこのような例に当てはまる方や、少しでも不安に思うようなことがある方は、遠慮などせずに必ず医師と相談をして下さい。場合によってはブロック注射を行えないことも十分に考えられます。