俺のタクシー運転手物語 » 体質の問題

体質の問題

頚椎ヘルニアは生活習慣の乱れから発症することがあるとされていますが、そもそも発症しやすい体質とはどのようなものがあるのかが重要になってきます。

生活習慣の乱れや姿勢の悪さから頚椎ヘルニアの原因となる症状が蓄積されていくわけですが、このような慢性的な発症ではなく、それでいて外傷が原因ではない場合には、先天的な原因が含まれていることがあります。

先天的とはつまり、遺伝による確率が高いとされる体質になってしまっているということです。頚椎ヘルニアを発症しやすいからと言って何も突発的に発症するということではなく、元々が弱いため他の人が耐えられる衝撃などに耐えることが出来ないため発症しやすいとされているのです。

どのように遺伝しているかを知るためには、近親者に頚椎ヘルニアを患っている人が数人いるという場合には、発症しやすい性質が遺伝している可能性が高いということになります。

そういう人は他の人よりも日常生活の中で頚椎にかかる負担が大きく、耐えられる容量が元々少ないため発症しやすい体質を持っているということになるのです。

外傷的な要因で頚椎ヘルニアになりやすく、体質として過去のスポーツ経験などをしていたという方は、発症する確率が高いとされています。

つまり過去に自動車や自転車などで事故を起こしたことがある人や、首に強い衝撃や力が加わるとされるスポーツ関連を経験していたという方は、頚椎の付近の筋肉などを痛める可能性が高く、自ずと髄核が突出する確率も高くなるということになります。

他にも、暴飲暴食してしまう方や太りやすい体質の方は注意が必要です。太る、つまり肥満になるということは脊椎全体への負担を自ずと増やしてしまうため、標準体重の人間と比較するとヘルニアなどになる確率が自然と高くなってしまいます。