俺のタクシー運転手物語 » ブロック注射で治療する

ブロック注射で治療する

椎間板ヘルニアで行われる療法の代表的なもののひとつにブロック注射があります。この方法は神経の痛みを伝達させる部位に直接局所麻酔薬をすることで、椎間板ヘルニアなどによる痛みの伝達を一時的に停止させます。

筋肉の緊張を解き、血行を改善させながら、自然治癒による椎間板ヘルニアの改善を期待します。自然治癒とは、局所麻酔薬の効果の限度である数時間を越えても症状が現れない、ということを含む、体の内側からの椎間板ヘルニアの治療の効果と言えます。

数時間のうちにも椎間板ヘルニアが緩和されるということは、神経が圧迫されている状態を筋肉が遮るようにしているなど、様々なことが考えられるでしょう。この療法にはいくつかの種類があります。

硬膜外ブロック注射は、背骨と背骨のあいだから針を刺し、神経の近くまで進めてから痛み止めの薬を注入します。そしてその薬が神経に浸み込むことで、椎間板ヘルニアの痛みを伝わらなくします。

この方法は腰部硬膜外ブロックと呼ばれるものです。硬膜外に行うものには他にも仙骨部硬膜外ブロック注射という方法がありますが、仙骨部は確実性が劣りますので、腰部で癒着をとり、痛みの伝導をシャットアウトすることが頻繁に用いられます。

ほかの種類では、圧迫を受けて椎間板ヘルニアの痛みの原因となっている神経の根に直接針を刺し、針から局所麻酔剤や抗炎症剤を注入する事によって鎮痛作用を促す神経根ブロックというものもあります。椎間板ヘルニアの症状の度合いが激しい場合には特に効果が期待されます。

これらの方法は薬物療法などに比べ、副作用の心配が少ないというメリットがありますが、技術的に発達していない医師から受ける場合、あまり効果がない場合や、逆にひどくなる場合もありますので、信頼のできる医師かどうかの判断は必須です。

また、受ける患者さんによってその効果は全く未知であるということができます。場合によっては、髄液が漏れてしまって、低髄圧症候群などになる可能性もあり、数日間は点滴と安静が必要になる場合もあります。

椎間板ヘルニアに効果的なブロック注射をご紹介