俺のタクシー運転手物語 » オール電化

オール電化

まずリノベーションでオール電化をする場合は取り付けが出来るところからコツコツと取り付けや取り替えをしていきます。

取り付けるところをまずスケルトン状態にします。そこからその部屋に必要な電気系を付けていきます。その際に必要なエネルギー供給器を付けたり、配置したりします。

配置完了をしたらオール電化に合わせた配置をします。スケルトン状態にする前に戻しても良いのですが装置が増えたりして置き場が変わることがあります。

だから配置を再度考える必要があります。このようにして部屋ごとにスケルトン状態にしてから電気製品を設置、家具名を再配置、これを繰り返していきます。

リフォームとの違いは設置完了したら使えるものは使うことができることです。一気にやるのでなく少しずつ完成形に近づけていくので入らないなと思ったら設置しなくても良くなります。

また資金が無かった場合は貯まってからまた他のところを設置すれば良いのです。優先的に電気化にしたいところから電気化にすることをオススメします。このようにしてリノベーションでオール電化をすることができます。