俺のタクシー運転手物語 » 姿勢について

姿勢について

車の運転している時に長い時間が経つと腰が痛くなる事があると思います。年末年始や御盆休みなどで帰省する時には渋滞に巻き込まれたりして嫌でも車での長時間の移動になってしまいます。

あまり気にする事は少ないかと思いますが実は座り方が腰の痛みの原因になっています。シートに浅く座って背もたれを倒している人もいます。AT(オートマチックトランスミッション)車でアクセルを踏まない方の足を組んだりしている人もいます。

肘かけにハンドルを握っていない方の肘を乗せて頬杖をついたような体勢の人もいます。このような運転姿勢で居ると腰の痛みの原因になりますし、骨盤の歪みの原因になります。車の運転をするとすぐに腰が痛くなってしまう人は腰かけている体勢に問題があるのかもしれませんね。

腰が痛くなりにくい正しい運転席への座り方をご説明します。まずシートに深く腰掛けます。背もたれの角度を90度から100度くらいにして背中を背もたれにつけるようにします。これで背筋が伸びますね。アクセルやブレーキが自然に踏めるような位置にシートを調節します。

浅くシートに腰掛けて前かがみになって運転している人を見かけますがこれは猫背になったり背中が反ってしまったりするので腰に負担をかけてしまうのです。また、腰痛予防のクッションなども、たくさん販売されていますので自分に合ったものを利用してなるべく良い座り方をするようにして下さい。

お金に余裕がある場合はシートを変えてしまうという手段もあります。これは結構な金額になってしまいますがドイツでは医療用器具として認識されているシートもあります。医学的根拠に基づいてシートが設計されているそうです。

それから、運転している時の体制やシートなども大事ですが1時間運転したら休息を取るようにしましょう。目も神経も使っていますので、疲れが出ます。疲れは思わぬ事故に繋がる事もあります。

腰痛は同じ姿勢を長時間している事も原因になりますから休息を取る事は腰痛予防にもなります。こまめに休息を取る事で事故や腰痛の予防になります。車から降りて背伸びなのでして外の空気を深呼吸すれば気分転換にもなりますね。

車は便利で楽しい乗り物です。しかし、乗るたびに腰が痛くなってしまうと楽しさも半減してしまいます。正しい姿勢で運転をして腰の痛みもなく安全運転をしましょう。