俺のタクシー運転手物語 » 入浴について

入浴について

寒い時期には腰痛がひどくなっている気がしたりしますがこれは、体が冷えることによって体が縮こまり血行が悪くなっているので腰痛がひどくなったと感じるのです。

腰痛は夏の冷房などが効きすぎた部屋などでも起こりますから、季節を問わず体は冷え血行が悪くなる原因があるという事です。冷えた体を温めて腰痛を緩和する方法として入浴する時に浴槽にお湯を張って浸かる事をおすすめします。

シャワーだけでお風呂を済ましてしまう人も多いですが、お湯に入る事で血行を良くしたり代謝を上げる事が出来ます。またお湯に浸かると浮力がありますから体重の負担を軽減してくれるのです。出来れば毎日行えると効果的です。お湯の温度は40度前後の少しぬるめの温度が適しています。

熱すぎても冷た過ぎてもいけません。そこに10分から15分程浸かります。血圧計があると便利ですが、目安としては額に汗が滲んでくるくらいです。お湯に浸かっているだけでも血行が良くなって体がポカポカとしてきます。更にそこで軽いストレッチを加えると腰痛に効果があります。

湯船に足を伸ばして座ります。次に片足を曲げて胸に引きつけます。10秒ほどその姿勢を保ちます。足を元に戻して伸ばします。そして反対の足も同じようにストレッチを行います。ゆっくりこのストレッチを行うとお尻の筋肉が伸びるのが実感できるはずです。

腰痛の時はお尻から太ももにかけての筋肉が硬くなっている事も多いのでこのストレッチを行ってみましょう。湯船に浸かっている時に浴槽の壁に背中をぴったりと付けて体育座りのように膝を軽く抱えます。

そのまま少しかがむように丸くなるようなイメージで前に倒してみて下さい。こうすると背中の部分が伸びて、血行がよくなります。お風呂で行うストレッチは体が温まっているうえに浮力がありますから、なにも無い床の上で行うよりも効果があります。

難しい体操や筋トレなどではなくても、こうしてお風呂に入りながらごく軽い動きをするだけでも腰痛に効果があります。現在はバスソルトやアロマオイルを配合した入浴剤もたくさん販売されていますので、好きな香りや美肌や発汗などの効果のある物のものを選んだりして楽しみながら腰痛を緩和しましょう。