俺のタクシー運転手物語 » 第5腰椎分離すべり症について

第5腰椎分離すべり症について

分離症やすべり症で言う腰椎は、上から第1腰椎、2,3、と5つが積み重なるようになっています。また、連結されている状態がくずれ、折れたり、または切れたりすることがあり、この状態を分離症と呼びます。

そしてこの状態が長く続くと、腰椎がすべりだすことがありますが、この前にすべった状態になってしまう症状をすべり症といいます。5つあるうちの下の2つは特にすべりやすく、ほとんどのすべり症は5番目のものであると言われています。

腰椎すべり症の治療はまず、レントゲンでの所見等が行われ、コルセット、痛み止め、鎮痛剤、ブロック療法などが主な保存療法ですが、痛みがひどい、下肢にもしびれなどがある、というケースでは外科的な手術になるでしょう。

分離部の固定術をしますが、椎間の固定は主に骨盤などから自分の骨を移植したり、人工の骨を使用します。その他、症状によっては、金属製の器具を用いる場合もあるようです。

術後は約半年ぐらいで完治するといわれていますが、できるだけ早期発見と治療につとめておくことでその分早期に回復ができるでしょう。また、完治した後、その他にも症状が軽くなり生活に支障が無いという状況ならば腹筋や背筋を鍛えることが効果的予防です。

脊椎分離症、またはすべり症の原因は成長期に激しくスポーツをしたという方がかかりやすいと言われています。疲労骨折を起こしたと考えられますが、その全ての人がかかってしまうわけでもなく、体質にもよるようです。

アメリカのカイロプラクティックでは、分離した部位の完全な改善はできませんが、重量的なバランスを改善することで症状は消えるようです。

しかし分離症よりはすべり症のほうが技術的な条件が高いようです。色々な人がいて、骨格のバランスは人それぞれですので、一概にどこを治す、ということよりも、その人のケースによって違ってくるようですので、やはりその要因を詳しく調べることが改善への近道でしょう。