俺のタクシー運転手物語 » ビリーバンバンが回復するまで

ビリーバンバンが回復するまで

ビリーバンバンの菅原さんもまた、脊柱管狭窄症になったことがあります。ビリーバンバンと言えば兄弟デュエット歌手として「白いブランコ」という曲でメジャー・デビューしましたね。

72年の時にテレビドラマ3丁目4番地の主題歌を出し、紅白歌合戦にも出場しました。まあ、今の人は知らない人が多いでしょうが、ビリーバンバンと聞けばすぐに思い出すお父さんお母さんなどが多いでしょうね。それくらい有名な人です。

一応本人曰く、歌を歌うくらいが出来れば仕事が出来ると意気込みがありましたが、高齢者となっているので、寝たきりになり、病状が進行して行きました。

と言っても、それなりに体力在ったため、脊柱管狭窄症の治療を受けて完治まで至りました。この時の治療として、3箇所の手術を受けることになり、その手術を受けました。

それなりに症状が進行していたため、手術と言う形になりましたが、名医の福井先生により、脊柱管狭窄症の手術を無事成功させることができましたね。

そもそも脊柱管狭窄症を治す場合は、時間をかけてゆっくりとやっていた方が良いです。下手に急ぐと再発の恐れがかなり高くなりますし、高齢となると処置に耐えられないこともあるので、注意しないといけません。

ですが、名医となる人に手術をしてもらうことで、早く完治することができるでしょう。しかし、それは名医だからこそなので、下手な医師だと手術しても失敗します。成功しても再発することが多いので、よく考えて手術を受けてくださいね。

このように、患者と医師がしっかりといていれば、成功する確率がかなり上がるでしょう。しかし、どちらかが不十分な場合は、手術自体が失敗して症状が悪化したりします。

また、仮に成功しても再発することがかなり多いため。再度手術と言う形になることもあります。故に、しっかりと治療を受けるという意気込みを持って、そして良い医師に脊柱管狭窄症の手術をしてもらいましょう。

変形性膝関節症の正しい治療方法もご紹介しています