俺のタクシー運転手物語 » 外壁塗装と秋田県

外壁塗装と秋田県

秋田県は、昭和58年の日本海中部地震や平成3年の台風第19号、平成20年の岩手・宮城内陸地震など、自然災害によって多くの被害を受けたことがあります。

また、これらの自然災害によって、多くの住宅にも被害が及んでいます。建物が半壊してしまえば、立替えやリフォームなどをすぐにでも実施しなければなりません。

しかし外壁塗装になんらかの異常が生じていても、あまり気付かないという方は多くいらっしゃいます。外壁塗装は建物を守るために存在します。

屋根や壁は、ほとんど毎日、雨、太陽光による紫外線などにさらされています。外壁塗装が劣化してくると、その建物の耐久年数は著しく低下しますので、できるだけ早く対応しなければなりません。

秋田県には多くの業者がありますので、早期診断を実施すれば、できるだけ塗装コストを抑えることが可能です。塗り替え時期の確認は常に所有者が意識して、最適なサイクルで対応しなければなりません。

一般塗料や遮熱断熱、光触媒やフッ素など、様々な種類がありますが、どんなものを使うかは一番の決め手になります。

長ければ10年はもつ塗料もあれば、数年で劣化してダメになってしまうようなものもあり、これらの価格にも大きな差があります。

また、塗りたての状態ではほとんど差は出にくいため、誤魔化して安いものを使用したり、本来は重ね塗りしなければならないのに、手抜きする悪徳業者がおおいのも事実です。

また、外壁塗装では材料に違う箇所があったり、劣化の度合いも違えば、それらに応じて外壁塗装の方法も変えなければならないのに、同じものを使用するという業者も多くあります。

施工主の納得のいく提案と価格を見積もってもらうこと、また長期保証、アフターフォローも大切です。悪徳業者にはひっかからにように注意しながら、いくつかの業者を当たってみれば、かならずいい業者にめぐり合うことができます。

最終的に満足のいく塗膜を塗るためには、足場や養生、塗料や職人の人件費など、工程も多くあり、外壁塗装が終われば、足場の解体や養生の破棄などもあります。

そして最終的に外壁塗装の状態をチェックして、結果として満足のいくものであるかどうかを判断します。